社会保険 稲築病院|一般社団法人 福岡県社会保険医療協会

社会保険 稲築病院|一般社団法人 福岡県社会保険医療協会

文字サイズ
各部署のご案内

検査部

医療技術部長兼検査部技師長 伊﨑 精一
医療技術部長兼検査部技師長
伊﨑 精一

検査部では国家資格を有した臨床検査技師が働いており、患者様の血液や尿を分析したり、直接患者様に接して心電図検査や超音波検査を行ったりと、病気の診断や治療の判定、病状の経過観察等の手助けとなる情報を提供しています。その仕事内容は専門的かつ多岐にわたっており、高い専門性を互いに尊重し維持できるよう切磋琢磨して診療現場への支援に励んでいます。

当院検査部は、患者サービスの向上と地域に密着した対話のできる検査室にしていくことを目標としています。以下ホームページにも載せておりますが、正確かつ迅速な検査結果を患者様にお返しすることはもちろん、待ち時間対策や分かりやすい報告書、検査技師のスキルアップにも力を入れています。検査に関するお問い合わせ等ありましたら、当院検査部へお気軽にご相談ください。

方針
ジェネラリストの中のスペシャリスト

職員構成

【臨床検査技師】8名

各部門の紹介

検査部には大きく分けて検体検査部門と生理検査部門の2つの部門があります。

1.検体検査部門

血液検査や尿検査など患者様から採取された体液(血液・尿など)を使って、検査を行っています。
主に自動分析装置を用いて測定し、各検査を組み合わせて、病気の診断や経過を観察します。

部門 検査内容
血液検査 赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、網状赤血球数、血液像(白血球分画)、赤血球沈降速度(血沈)、骨髄穿刺検査
凝固検査 PT、APTT、フィブリノゲン、トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト、Dダイマー、FDP、出血時間
生化学検査 総タンパク、アルブミン、総コレステロール、HDL、LDL、中性脂肪、ビリルビン、LDH、AST、ALT、γ-GT、ALP、CK、アミラーゼ、コリンエステラーゼ、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、鉄、総鉄結合能、無機リン、アンモニア、ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、血糖、HbA1c、インスリン
免疫検査 炎症マーカー検査:CRP
感染症検査:HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体
腫瘍マーカー検査:CEA、CA19-9、PSA、フェリチン
甲状腺検査:TSH、FT4
心不全マーカー検査:BNP、NTproBNP
輸血検査 ABO血液型検査、Rh血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験、直接抗グロブリン試験
一般検査 尿検査(定性・沈渣・各種定量)、便潜血検査、妊娠反応、関節腔液結晶検査、胸水・腹水検査
細菌検査 グラム染色
迅速診断
簡易検査
心筋傷害マーカー検査:トロポニンT
自己抗体検査:抗CCP抗体
感染症検査:インフルエンザウイルス、アデノウイルス、A群β溶連菌、肺炎球菌、レジオネラ、ノロウイルス、クロストリジウム・ディフィシル、ヘリコバクター・ピロリ(ウレアーゼ試験・鏡検法)
  • 生化学検査
    生化学検査
  • 輸血検査
    輸血検査
  • 血液検査
2.生理検査部門

心電図やエコー検査など直接患者様と接して、検査を行っています。
生理検査は女性技師が検査を行っており、女性の患者様にも安心して検査を受けていただける体制をとっています。
また、患者様にわかりやすい説明を心掛けるとともに、予約時に検査内容が記載された説明書をお渡しできるようにしています。下記の項目をクリックするとその内容が表示されます。

検査内容
心電図検査(12誘導心電図ホルター心電図
ABI検査
肺機能検査
エコー検査(腹部心臓頸動脈甲状腺下肢血管腎動脈乳腺体表甲状腺穿刺
腹部エコー検査を受ける際の注意点
睡眠時無呼吸検査(簡易検査精密検査
  • 心電図検査
    心電図検査
  • エコー検査
    エコー検査

使用機器

生化学・免疫 DimensionVista1500、DimensionRXL(SIEMENS)
HISCL5000(Sysmex)
A1c ADAMS A1c HA8181(ARKRAY)
血液 XT4000、XT1800(Sysmex)
凝固 CA600(Sysmex)
輸血 Swing、Banjo(BIORAD)
血液ガス GASTAT-1820(Techno medica)
検尿 CLINITEC ADVANTIS(SIEMENS)
エコー ARIETTA S70(HITACHI)
PROSOUND α10、PROSOUND α7(ALOKA)
心電図 3台(FUKUDA DENSHI)うち2台はABI/PWV測定可能
肺機能 Spiro sift SP370 COPD(FUKUDA DENSHI)
聴力 オージオメーターAA-58(RION)
簡易SAS pulsleep LS-120(FUKUDA DENSHI)
ホルター心電計 2台(血圧測定可能なもの、防水機能有するもの)

検査部の特色

1.検査部理念である「ジェネラリストの中のスペシャリスト」をモットーに専門資格の取得に努めている
分野を限定しない幅広い知識・技術を身につけるとともに、適正を見極める特定分野に関しては深い知識や優れた技術を身につけられるように認定資格の取得を目指し、日々精進しています。
2.「検査で患者様を待たせない」を心掛け、機器の選定や人員配置を決定
検体測定時間は最大でも20分。(+検体遠心時間等)
エコー検査は常時2名体制で行い、混雑時には臨機応変に人員配置できる体制を整えています。
3.24時間検査可能な体制
血液ガス、生化学の基本項目と血算は24時間即時検査可能。
4.医師や患者様のニーズに応え、多岐にわたる検査の実施
腫瘍マーカー(CEA、CA19-9等)、感染症(HBs抗原、HCV抗体、HBs抗体)等も即日結果報告可能。
輸血分野においては、認定輸血検査技師が2名在籍しており、不規則抗体同定や赤血球抗体解離試験など高度な精査にも対応しています。また輸血管理システムを用いて、輸血用血液製剤とアルブミン製剤の一元管理や、輸血副作用の管理も行っています。当日輸血にも対応可能です。
超音波検査は基本的には超音波検査士の資格を有したスタッフが担当しており、どの領域でも検査できるようトレーニングしています。また、検査の標準化・医師や患者様に伝わりやすいレポ-ト作成に力を入れています。
5.患者様にとって分かりやすい報告書
自分の検査結果が正常なのか異常なのかが一目でわかる報告書としています。
又、糖尿病の患者様には、ヘモグロビンA1cの推移が一目で分かるようなグラフをお渡ししています。
  • 患者様用報告書
    患者様用報告書
  • ヘモグロビンA1cのグラフ
    ヘモグロビンA1cのグラフ
6.臨床支援
簡易SAS解析、CPAP解析、SMBG指導・データ管理、外来採血業務、病棟業務(翌日検査案内)
7.精度管理
年間最低2回は、(社)日本臨床衛生検査技師会主催のものをはじめ外部精度管理調査に参加し精度を保っています。
(社)日本臨床衛生検査技師会が認証する「精度保障施設認証」を取得しています。

所有資格

主な所有資格
認定資格 細胞検査士・国際細胞検査士 1名 国家資格 第一種衛生管理者 1名
認定輸血検査技師 2名 特定化学物質作業主任者 3名
超音波検査士(消化器領域) 3名 有機溶剤作業主任者 3名
認定心電検査技師 1名 危険物取扱責任者 1名
認定認知症領域検査技師 1名 毒物劇物取扱責任者 1名
眼科コメディカル(OMA)
眼科検査助手
1名 その他 個人情報管理者 1名

院内外研修および学会活動

検査部内研修(2016年度)
開催月 テーマ
4 検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会に参加して
5 採血について
6 赤血球型検査ガイドラインについて
7 精度管理について(検査機器メーカーから外部講師を招いて)
8 酸塩基平衡とガス分析
9 心室性期外収縮と鑑別すべき波形について
10 腹部超音波検診判定マニュアルの運用について
11 刺激伝導異常について
12 検体の取り扱いについて
1 溶血性輸血副作用について
2 HISCL-5000研修に参加して
3 認知症検査について
病院内研修(2015~2017年度)
開催月 テーマ
2015.8 心電図のとり方と読み方(看護師対象)
2015.8 院内感染対策研修会(病院職員対象)
2015.12 輸血研修会(看護師対象)
2016.8 心電図のとり方と読み方(看護師対象)
2017.4 検体の取り扱いについて(看護師対象)
2017.8 心電図のとり方と読み方(看護師対象)
2017.10 輸血研修会(看護師対象)
学会発表、院外勉強会(2016~2017年度)
日付 学会名 演題名
2016.4 第64回日本輸血・細胞治療学会総会 半自動輸血検査機器導入による安全かつ効率的な輸血業務体制の構築; 小規模病院の取り組み
2016.5 輸血細胞治療部門勉強会(筑豊地区) 輸血検査の流れを再確認しよう
2016.6 第26回福岡県医学検査学会 当院における不規則抗体陽性時の対応と課題
2016.9 第65回日本医学検査学会 LOCI法によるFT4測定において自己抗体による影響が疑われた1例
2017.6 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 輸血管理システム導入による輸血業務体制の再構築; 小規模病院の取り組み(続報)
2017.10 第52回日臨技九州支部医学検査学会 チーム医療における病棟業務へのかかわり ~中小規模病院での取り組み~